公立大学の入学時にかかるお金と在学中にかかるお金まとめ

公立大学の初年度納付金

公立大学の初年度納付金

大学における初年度納付金は、入学金や1年分の授業料、施設整備費などから成ります。

公立大学の場合、1年分の授業料については、昼間コースはほとんどが国立大学と一緒で535,800円で、夜間主コースもほとんどの大学で昼間コースの半額の267,900円となっています。

ただし、ごく一部の公立大学に、この標準的な金額より高い授業料を徴収しているところがあります。一方、入学金についても、大半の公立大学で国立大学と同額を設定しています。

国立大学の入学金は昼間コースで282,000円、夜間主コースは昼間コースの半額となっており、公立大学もこれに従っています。

ただし、中には大学のある都道府県内から進学してくる人より、外から入学してくる人の方に高額の入学金を設定している公立大学もあります。

公立大学の在学中にかかる授業料

公立大学の在学中にかかる授業料

大学の授業料はかなりの額になります。公立大学の場合、半期で約25万で、年間約50万円というところが多いです。

したがって在学中に払う授業料は4年間で約200万円となります。

これは単純に大学に納める分の費用であって、これのほかにも教科書や資料などは自費で用意しなければなりませんし、研修などで現地に行く場合にも交通費は自分で用意しなければなりません。

専門性の高い教育を受けることができますが、大学に通うというのはとてもお金がかかります。

私立の場合は学費がさらに高く、かかる費用も段違いに高くなります。大学では様々な機材や資料が用意されています。

これらの維持管理にはどうしてもお金がかかるため、それ相応の学費が必要になるのです。

公立大学の施設設備費納付額

公立大学の施設設備費納付額

大学の学費は入学金、授業料、施設設備費の3つが大きな割合を占めます。

公立大学の場合、入学金や授業料の額は国立大学の金額をベースに決められていますから、ほぼ同程度です。

一方、施設設備費の納付額は大学や学部によってバラつきがあります。

納付するタイミングも大学によって異なり、入学時に一括徴収するところもあれば、年度ごとに徴収する大学も見られます。

一般的に、施設設備費は文系学部よりも実験などが多くなる理系学部の方が高い傾向があります。特に医学部は割高です。

また、公立大学の中には域内(都道府県立の場合は都道府県内、市立の場合は市内)から進学する入学生に対し、施設設備費を割り引く制度を採用するところも見られます。

こうした大学では学費の納付額が域外からの入学生よりも安くなります。