国立大学の入学時にかかるお金と在学中にかかるお金まとめ

国立大学の初年度納付金

国立大学の初年度納付金

大学入学時には、入学金と授業料を合わせた初年度納付金を支払う必要があります。

一般的に同じ学部系統という条件で比べると、私立大学よりも国立大学・公立大学の方が初年度納付金が安価な場合が多く見られます。

平均的な金額は810,000円から820,000円程度と言われていますが、法人化によって国立大学も大学や学部・学科によって金額の差が生じてきています。

大学に入学すると、初年度納付金だけでなく学校納付金や修学費、課外活動費や通学費などの出費が必要です。

国立大学における4年間の学費の平均は300万円程度と考えられています。学費が安いというイメージがある国立大学でも、卒業するまでに300万円以上の出費があることを考慮しておきましょう。

国立大学の在学中にかかる授業料

国立大学の在学中にかかる授業料

大学への進学を考えているものの、その費用について、どれくらいかかるものなのか、気になる方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。

国立大学の在学中にかかる授業料について、ご紹介します。国立大学の入学金は、282000円です。

それに加えて、年間の授業料が535800円です。したがって、4年間でかかる授業料の合計は2425200円となります。

これが基本の金額となりますが、学部や学科によっては、実習等にお金がかかる場合もあります。気になる方は、ぜひご希望の大学に資料請求などを行ってみてはいかがでしょうか。

入学金や授業料のみならず、各種学部、学科に対する費用が詳細に記載されていることでしょう。また、気になる大学があれば、その大学のホームページをご覧になるのも有効かと思います。

国立大学の施設設備費納付額

国立大学の施設設備費納付額

国立大学に入学した場合、いわゆる文系・理系問わず施設設備費というものを納入する必要は原則ありません。つまり、納付額は0円ということになります。

これは、国立大学は運営資金の多くを国民の税金で賄われた大学であり、また修学にかかる費用も極力抑えるため、授業料以外の費用は徴収しないようにしているためです。

しかし、実験機器や材料を多く使う理系学部に対して、文系学部はあまり費用を使いません。このことから大学内部でも不公平感が問われているのも事実です。

したがって、大学によっては実習に参加する際に数千円から数万円の実習参加費などを徴収されることはあります。

ただし、このような講義であっても、支払えないから単位が取れないという問題や、この単位を取らないと卒業できないという仕組みにはなっていないのが通常です。

基本的には授業料以外の費用はかからないと思っていて問題ないでしょう。