私立大学文系の入学時にかかるお金と在学中にかかるお金まとめ

私立大学文系の初年度納付金

私立大学文系の初年度納付金

私立大学に入学した場合、毎年の授業料を定期的に支払う必要はもちろんあります。

しかし、初年度には、入学金も含め、多額の納付金を支払うことになります。私立大学文系学部に入学した際には、初年度に入学金として20万円から30万円の費用を支払います。

また、それとは別に初年度の授業料として数十万円から100万円前後、施設設備費として15万円前後を支払います。

なお、この施設設備費に関しては、別の呼ばれ方をしているときもあり、教育充実費などになっている場合があります。

しかし、内実は同じようなもので、支払う金額も変わりません。私立大学の文系学部に入学した際には、多くの場合で、初年度の納付金は100万円を超えることになります。

私立大学文系の在学中にかかる授業料

私立大学文系の在学中にかかる授業料

一般的に私立大学に通うためには、国公立大学に通う場合よりも、高額の授業料を納付する必要があります。

医学部や歯学部などでは、授業料は私立大学の方が明らかに高価です。しかし、経済学部や法学部のような、文系学部であっても、在学中の授業料は私立大学の方が高い傾向があります。

在学中の授業料としては、年間100万円前後するところがほとんどです。偏差値や入試難易度によっての違いはほとんどなく、どのような私立大学であっても、年間100万円前後のところがほとんどです。

私立大学の在学中には、大きな授業料を支払う必要があります。多大な資金に見合うだけの学習をするために、単位はしっかりと取得し、勉強のプランを作っておきましょう。

私立大学文系の施設設備費納付額

私立大学文系の施設設備費納付額

私立大学の法学部や経営学部のような文系学部に進学すると、授業料とは別に、施設設備費というものを毎年支払う必要があります。

毎年の施設設備費の納付額は、決して安いものではありません。私立大学の文系学部の場合、初年度に入学金が20万円から30万円を払います。

そして、授業料として、毎年70万円から80万円程度を納付する必要があります。また、これとは別の施設設備費は、学部によって変わりますが、安くても毎年15万円前後、高ければ20万円前後を支払います。

施設設備費の納付がないところもありますが、その場合は授業料に含まれていて、納付額は変わらないケースがほとんどです。

私立大学の文系学部に通う場合、納付額は相当なものになります。学部選びなどは、将来につながるもの注意深く選んでから、入学する必要があります。