私立大学医歯系の入学時にかかるお金と在学中にかかるお金まとめ

私立大学医歯系の初年度納付金

私立大学医歯系の初年度納付金

私立大学といえば一般的に学費が高いと言うイメージがありますが、医療系では特に顕著な傾向があります。

特に医学部や歯学部については初年度に収める金額が非常に高いという点で有名な存在になっています。

入学金や学費に加えて様々な寄付金の存在もありますので、私立大学によっては一千万円を超える場合もあり得ます。

このようなの付近はごく一般的な家庭で賄う事は非常に難しいものであると言えるでしょう。

そのため私立大学への納付金が理由となり志望校に加えることができないと言う受験生も少なくありません。

そのかわり学生に対する教育環境が非常に充実しているケースが多く、魅力的な環境が整備されていると言うメリットが存在しています。

私立大学医歯系の在学中にかかる授業料

私立大学医歯系の在学中にかかる授業料

私立大学に通うのは、国公立大学に通うよりも在学中の授業料が多くかかるのは一般的に知られていることです。

大体、文系学部である場合、国公立大学の文系に通学するよりも授業料が1.5倍ほど高くなるのは相場となります。

ただ一番、在学中の授業料がかかるのは私立大学医歯系の学部に通う場合で、それは私立大学の理系に通うより約2倍の270万円が相場となります。

一番格安の授業料と言われているのは国公立大学の文系の学部に通う場合で、それが約53万円となるので、それと比較して5倍も授業料がかかります。

他に医歯系の学部に通う場合、入学金や施設利用費も私立大学の文系・理系に比べても割高となるケースがあるため、在学中にかかる費用の負担が重荷になる場合も存在するため注意が必要です。

私立大学医歯系の施設設備費納付額

私立大学医歯系の施設設備費納付額

歯医者になるためには、大学の歯学部を卒業して、国家試験に合格する必要があります。

私立大学にも、たくさんの歯学部がありますが、授業料などの納付額は高額なケースが多いうえに、施設設備費も安くはありません。

私立大学の施設設備費として支払う額は、大学によって様々です。しかし、安いところでも納付額は年間40万円以上、高いところなら150万円以上です。

施設設備費を納付しなくてもいい私立大学もありますが、その場合は別名目になっていたり、授業料に含まれていたりします。

私立大学の歯学部は、医学部と同じように、決して安くはありません。

また、歯医者になるためには、6年間通う必要がありますので、事前に資金計画をたてておいてから、入学することが望ましいです。